お気軽にご相談・お問い合わせください。

高松赤十字病院 笑美の会

笑美の会の概要

がんの種類乳がん
発足年2007年3月
会員数24名
代表者竹本康子
所在地〒760-0017 香川県高松市番町4丁目1-3  高松赤十字病院 外科外来
電話番号高松赤十字病院 外科外来受付 087-831-7101(代表) (内線)1230
会長携帯  070-8542-3376 
メールアドレスeminokai.takamatsu@gmail.com
高松赤十字病院 笑美の会

代表者もしくは団体より挨拶

「笑美の会」は、高松赤十字病院の乳腺患者会です。

 高松赤十字病院では、2005年に乳がん患者をサポートするために乳がんに関わっている医師・看護師・薬剤師・心理療法士等で乳腺チームを結成し、2007年に第1回の患者会を開催しました。“笑美の会”という名称とシンボルマークのひまわりは第1回の患者会の時に参加者の提案で決まりました。以後年1回開催されています。「同じ乳がんと闘っている仲間と話し合う場が欲しい」との要望が患者からあがり、2016年3月5日第10回患者会の時に、患者の自主運営の活動がスタートしました。

シンボルマーク:ひまわり

「いつもひまわりのように上を向いて美しく笑っていよう」
という意味が込められています

            

高松赤十字病院 笑美の会

活動内容

おしゃべり会

治療のことや副作用の事など患者同士で自由に話したり、たがいの悩みを打ち明けあったりしています。同じ経験や思いをした人たちと話をして「自分だけでなかった」との想いを共有しています。 

勉強会・食事会

担当医師や看護師を囲んだ勉強会を行い、その後、希望者で食事会をしています。

“冬のおしゃべり会” 2018年12月

高松赤十字病院 笑美の会:冬のおしゃべり会 2018年12月

 今回は、乳腺専門医の法村先生と乳がん看護専門看護師の安部看護師さんと一緒におしゃべり会に参加していただきました。

 初めは、法村先生による「乳がん治療中、治療後の検査について」お話しをしていただき、そのあとの茶話会では、治療の事やこれからの検査についてなど、日頃不安に思っている事など、診察時にはなかなか聞けない事などを自由に質問し、先生や看護師さんがが分かりやすく答えてくれました。

笑美の会通信

年4回程度、発行しています。行事や研修会などの情報を発信し、参加へのお誘いや講演内容をお知らせしたりしています。がん患者会ネッワークかがわやピンクリボンかがわの活動なども紹介しています。

交流会 

年1回(毎年3月)病院乳腺チームのスタッフが開催してくれます。

「笑美の会」の活動の原点です。

交流会  2019年3月

 ソシオエステティシャンの方々による、「ソシオエステティシャンが教える家庭でできるハンドマッサージ」をテーマにした講習会で、“ソシオって何?”ということの話から始まり、ソシオエステティシャンの役割や患者とのつながりなどの説明の後、実際にハンドマッサージの実践がありました。

 日頃の家事などで、乾燥しがちな肌や爪の状態が、ハンドマッサージをすることで、肌が潤い、つやつや肌になっていました。 また個別にソシオの方々に、それぞれのスキンケアの相談も出来、皆さん楽しく過ごすことが出来ました。(^^♪

コロナ終息後の活動計画(予定)

おしゃべり会 毎月第1金曜日 15:00~16:00(但し1月、5月は第2金曜日)
乳がん相談会リモートでの相談会を予定しております。
※ ご質問・ご相談のある方は、メールまたは、会長直通の電話にて、お問い合わせください
笑美の会通信年4回(予定)
日赤りぼんサロン毎月第4木曜日 14:00~16:00(参加)

お知らせ

リモートでのおしゃべり会と相談会及び講習会を2カ月に1回程度行う予定です。